MENU

つむじはげは生まれつき起こるのか?

 

つむじ禿げが生まれつきの場合のメカニズムとは?

つむじ,薄い,はげ

小さい時からつむじ禿げがある場合、何が原因でしょうか。この場合は大人のつむじハゲとは違うため、喫煙や睡眠不足などの生活習慣の乱れやストレスが原因とはなりません。ではどんなメカニズムで生まれつきつむじハゲになるのでしょうか。

 

生まれつきということなので、その原因は遺伝にあります。まずポイントとなるのは、X染色体という遺伝子の中にある男性ホルモンを感じ取る受容体がどれほど敏感かということです。この受容体が敏感に働くと、薄毛の原因となるジヒドロテストステロンという男性ホルモンの影響を受けることになります。このX染色体は母親より受け継がれるということが研究で判明しています。そこで母方の親戚や親族に生まれつきのつむじハゲや薄毛の方がどれ位いるかを調べてみることができます。

 

生まれつき薄毛になるもう一つの要素は5αリダクターゼと呼ばれる酵素です。上述した薄毛の原因となる男性ホルモン、ジヒドロテストステロンはもともとテストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼと結合することで発生します。もしも両親のどちらかが活動度の高い5αリダクターゼの遺伝子を持っているならば、それが子供にも遺伝します。結果として通常よりもジヒドロテストステロンが発生し生まれつき薄毛となります。

 

つむじ禿げが生まれつきでない場合の対策方法

つむじ,薄い,はげ

では生まれつきではないものの、今つむじハゲがある人の原因は何でしょうか。やはり大きな要因となるのは、生活習慣です。特につむじハゲを気にする人の中には喫煙者が多く含まれます。タバコに含まれているニコチンが血管を収縮させてしまうので、頭皮が必要とする栄養素を供給することが十分にできなくなります。そのためつむじハゲが気になる喫煙者の場合、まず禁煙して様子をみることができます。

 

また食習慣が偏っている場合にもつむじハゲや薄毛となる可能性が高くなります。インスタント食品やファーストフードなどの頻度が高くなると、髪の毛を成長させるために必要な栄養素、タンパク質やビタミン、ミネラルが不足しがちです。サプリメントなどでもこうした栄養素を取ることはできますが、食生活を見直すことでしっかりと栄養素をとり健康な身体、健康な頭皮を維持することができます。

 

薄毛やつむじハゲの原因は毎日の生活のちょっとした所にあります。規則正しい生活をすることがまず出来る薄毛対策となります。

 

若くてもつむじが薄くなることがある。10代20代に多いつむじはげ

 

若者がなるつむじハゲの原因は?

つむじ,薄い,はげ

つむじが薄いことで悩んでいるのは、中年男性だけではありません。つむじハゲで悩む高校生や大学生などの若者も増えています。どんなことが原因でしょうか。
高校、大学に通う若者であれば、ヘアスタイルもお洒落にしたい年頃です。ヘアワックスやムースなどで髪の毛をセットして、夜は面倒くさいのでシャワーをせずにそのまま寝てしまうこともあるでしょう。こうしたサイクルが続くと、頭皮環境が悪くなります。毛穴が詰まってしまい、抜け毛が増えてつむじが薄い状態になります。

 

また髪の毛の洗い方も原因の一つです。スタイリング剤を洗い流すために、シャンプーを沢山使って、ゴシゴシと力一杯髪を洗うと頭皮が傷付いてしまいます。その反対に適当に洗うと髪の毛に付いている汚れや整髪料が落ちずに残った状態になります。低刺激のシャンプーでやさしくマッサージをしながら洗ってあげることが大切です。

 

そして若者であっても遺伝によってAGAになると、髪の毛が薄いという症状になります。体毛が濃い、肌が皮脂でテカリやすい人は男性ホルモンの分泌量が多いため要注意です。

 

若者がつむじハゲになった時にできる対策は?

つむじ,薄い,はげ

まずできることは、頭皮環境を整えることです。そのためにはスタイリング剤の使用を控えることや、シャンプーを低刺激の育毛シャンプーに変えることができます。丁寧に洗髪することも大切な方法です。そしてできれば育毛剤を使って、頭皮の血流を良くすることも効果的です。

 

髪の毛が必要とする栄養素を取ることも大切です。若者はジャンクフードが好きな方が多いですが、バランスの取れた食事を心がけましょう。タンパク質、ビタミン、ミネラルなどは髪の毛が成長するためには欠かせない栄養素です。

 

もしも遺伝が原因であるAGAでつむじが薄いのであれば、髪の洗い方や食生活に気を付けても改善はされません。病院で内服薬を処方してもらうことが必要でしょう。

 

早めの対策でつむじの薄いコンプレックスを克服

つむじの薄い悩みを克服するためには、若者であっても気づいた時からすぐに対策をすることです。何もせずにいると、つむじが薄い状態は治りません。まずは髪の毛の洗い方や食生活などできることからしていきましょう。継続的に取り組んでも効果が見られない場合は、AGAである可能性もあるので、一度病院に行って検査をしてみることもできます。

 

対策してすぐに効果が出る訳ではありませんが、早めに治療することで、つむじの薄い悩みは克服することができます。

 

つむじはげを予防する方法

 

意外と気づきにくいつむじハゲ

つむじ,薄い,はげ

自分では直接見えない部分のため、意外と気づきにくいのが頭頂部の薄毛、つむじハゲです。気づいた時には、薄毛がだいぶ進んで地肌も見えてきているというケースも珍しくはありません。それでつむじが薄くなり始める前に、原因と予防法を知っておくことは大切です。

 

つむじが薄くなるのは幾つかの原因があります。遺伝であれば、生まれつきつむじハゲである人もいます。もしくは10代、20代の若いときから薄くなっていく場合も遺伝が関係しているとされています。この場合には病院で薬を処方してもらい、薄毛の原因となる男性ホルモンを抑制することで予防・改善することができます。

 

遺伝以外の原因では、ほとんどが生活習慣と関係があります。食べ過ぎや飲み過ぎ、喫煙、睡眠不足、過度のストレス、食生活の偏りなどです。幾つか自分に当てはまるものがあれば、予防しないと気づいた時にはつむじハゲになってしまっている可能性があります。

 

毎日の生活で予防できるつむじハゲ

最も効果的な予防法は、規則正しい生活です。髪の毛が薄くなってしまうのは、髪の毛が細くなっているか抜けてしまうためです。このどちらも髪の毛に十分に栄養素が届いていないことが理由となります。髪の毛に栄養素を供給するためには、バランスの取れた食事をしっかりと取ることです。そして栄養素を髪の毛に運ぶ血流を良くするために、喫煙を控えましょう。タバコに含まれているニコチンで血管が収縮してしまうので、栄養素を取り入れても効率よく頭皮や髪の毛に運ぶことができません。

 

そして十分な睡眠時間をとることも効果的な予防法です。髪の毛は寝ている間に成長します。睡眠不足が続くと髪の毛が成長できません。毎日仕事やプライベートで忙しいでしょうが、最低6時間の睡眠時間は必要です。

 

育毛シャンプーでつむじハゲ予防

つむじハゲを予防するためには、頭皮環境を健康的な状態に維持することが必要です。そこで育毛シャンプーを使用することができます。育毛シャンプーの殆どは育毛成分や発毛成分は配合されていません。つまり使っても髪の毛は生えてきません。実は育毛シャンプーは頭皮環境を整えることが目的です。

 

それでつむじハゲ予防にはとても効果的です。毎日のシャワーで育毛シャンプーを使って頭皮をやさしくマッサージすることで、健康的な頭皮を維持することができます。その後に育毛剤を使用すれば、さらに予防力がアップされます。

 

REDEN 公式サイトはこちら
REDEN 公式サイトへhttp://re-den.com/